読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密プラスチック金型製作メーカーの製造レベルの上昇

私たち精密プラスチック金型製作メーカーの製造レベルは自動車金型、大型覆う金型製造の発展につれて進歩します。近年では、新しいラピッドプロトタイピング手法が出現し続けています。精密プラスチック金型製作技術は現在完全さと高まり続けます、高精度、高効率な精密プラスチック金型加工設備の使用はますます広範です。精密プラスチック金型加工の要求に対して、プロセス制御の方面の改善は精密プラスチック金型製作メーカーの製造にとっては非常に重要なことてある。ほとんどの金型加工は一回成型の特徴で、高い累計誤差値を復雑な鋳型のなかに移動されて、これは要求を一度は全部加工完成しなければならない。同時に、短い納期と全世界性競争は同じくさらに速い精密プラスチック金型加工速度は必要があります。精密プラスチック金型製作メーカーの製造レベルの上昇はまた傾向になります。いろいろ妨害要素を減らすのために、これらの工業技術制御システムは金型製造会社で監視制御装置を増やしました、長期の加工と第二の道、第三の工程で監視機械の加工状況を監視仕上げのことが有利である。精密プラスチック金型製作メーカーの製造レベルの上昇で、これとは切り離せないと思います。

 

riyuboke11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は: http://www.yize-kanagata.com/84/news/4346.html転载を说明してください