読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国コネクター金型部品精密製作の技術革新

中国のコネクター金型部品精密製作は急速に発展している。もちろん、製作技術を革新しなければならない。今日、私たちは皆さんに中国コネクター金型部品精密製作の技術革新に説明させる。

 1. コネクタの小型化技術開発

 コネクタの小型化の発展に対して小型化技術を開発して、0.3mm以下の小さいコネクタにこの技術を使用し、MINI USBシリーズの新しい種類に属する。拡張カードスロットコネクタに使用できる。それに、多接点の表面接着技術により高く要求があり、精度は高く、コスト低い。

2.高頻度及び速い速度無線伝送コネクタ技術

 これは主に多種の無線通信に応用して、応用範囲が広い。中国コネクター金型部品精密製作の技術革新はさらに上達していきます。

 3. アナログ技術研究

 アナログ技術は多種の学科と理論に基づいて、パソコン及び相応のソフト(AutoCAD、Pro/E program)が手段にとして機械、電気、高週波などの性能確認によってシミュレーション分析すること。このようなして材料の选択及び構造の不合理など製品は失敗に開発したコストを減少し、製品の開発する成功率を高める。

 4.コネクタインテリジェント化の技術

 この技術は主なにDCシリーズ電気コネクタを使用する。電気を引き込む前にインテリジェント信号テストを行ってコネクタは正しく接着することを確保してから電源を入れって、アーク損傷させることを避けるために。今後中国のコネクター金型部品精密製作メーカは他の製品の同じようなインテリジェント化技術を開発すること。

bokeshiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4358.html転载を说明してください