読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのように合格する精密プレス金型部品製作者になる

どのように合格する精密プレス金型部品製作者になるについて、まず相応の機械設計知識を身につけることは必要だ。例えば、油圧設計及びある機械機関の設計。機械設計は主なAutoCAD,UG NX,pro/eなど関するソフト運用して機械部品を設計し、機械制図を描くこと。職場を入る前に相応の知識と技能を持つべき、例えば機械設計専門の基礎知識、AutoCADグラフィック能力であり、グラフィックによれば自分の設計構想を示させる。合格する精密プレス金型部品製作者にとして仕事中、中国金型及び金型部品の製造の基本的な工程によってする。そして、機械設計で常用の工学製図、機械構造、公差と協力し、材料の选択、技術の測定、制造プロセスなどが全面的によく理解べき。もちろん、市場向けのデザイン、機能の原理設計、表現構造の本体デザイン、製品の設計と製造の全過程も十分理解する。
レポートによると、日々の暮らしの中で普通の人は直接、また間接に約2千セット金型関する物!精密プレス金型部品製作は国家の工業の近代化の重要な一つシンボルになる。中国で多くの大企業の金型部門は会社で一番重要になる。
もちろん、どのように合格する精密プレス金型部品製作者になる方法について上記の提案でけではない。金型設計は継承と革新をうまく接合してこそ、高品質の製品を生産する。金型業界に従事したい皆さんが早く金型工場の中で自分の実力を発揮すると思う。


bokeshiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4372.html転载を说明してください