読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金型の高速加工技術について

高速加工技術は現代の先進製造技術の中で最も重要な共通性技術として切削する発展方向を代表して、そして次第に切削加工の主流技術になる。高速切削の“高速”は1つ相対概念で、異なる加工方法と部品の材料について、高速切削する時切削速度は同じではない。普通とは、高速切削速度は常規の切削速度より5―10倍以上速い。高速加工技術が著しくて効率と加工の精度を高めて、切削力を低減し、切削した部品影響することを減らす、工程の集約化などを実現する。だから、高速加工技術は航空・宇宙、金型の製造、自動車の製造、精密な機械などの領域で広範な応用して、そして良好な技術及び経済効果を収める。

現代金型及び金型部品の製造では、デザインが複雑になってそれに自由曲面の割合が増えるので、金型の加工の要求がいっそう高くになる。つまりは高精度と表面の高品質を保証し、そして加工表面の美観性を求める。高速加工技術を深く研究になることを伴って、特に加工機、NC制御システム、刃物システム、CAD / CAMソフトウェアなどと関する技術発展の推進、高速加工技術はますます多くの金型の製造加工を応用する。

高速加工技術は金型の加工プロセスに大きな影響が出て、伝統的な金型加工採用する工程を変わる。大量生産実踐によると、高速切削技術は時間を節約することができる。それに金型精度を高めること。

 

bokeshiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4373.html 転载を说明してください