読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密プレス金型部品の製作について

精密プレス金型部品の製作は常温でプレスを利用して材料に対して加工して、材料を分離して変形になって、それによって決まった形状、サイズ、高精度部品を生産できること。また、精密プレス金型部品の製作方法は冷間スタンピンクと呼ぶできる。精密プレス金型部品の製作加工は他の金型部品加工方法と同じ、長所が多い:

1.高効率:製品及び部品の生産スピードが速く、それに数量も増える。

2.原材料:少なく切り屑、無切り屑加工を実現べき。

3.品質を保証できる、良好な交換性がある。

4.加工方法は易い、作業員が金型で生産する時よい技芸を必要ない。

5.大量生産する製品及び部品のコストが低い。

6.他の加工方法で生産できない複雑な部品を生産べき。

7.自動化をしやすい。

精密プレス金型部品の製作加工はこれらの長所であるので、応用される分野が広い。例えば、精密電子部品、計器、飛行機に関する部品など。現在プレス加工で生産した製品が自動車業界、計器、ワイヤレス電子製品、さらに日常生活に大切になっている。もちろん、プレス加工は自身の欠点である(複雑な結構、長い生産周期、金型の隙間が酷いなど)

プレス金型はプレス加工中必要なものだ。高品質精密プレス金型部品を生産しだけではなく、大量生産できる要求と合わせて、それに金型使用時間を保証すること。

 

bokeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4376.html転载を说明してください