読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内市場経済がだんだんよく発展になることに伴って、それに国外の市場貿易競争が激しいが、中国は国際精密金型部品加工セーターになった。市場では精密金型部品に対する需要が絶えず増えている。今日はどのように精密金型部品の品質を高めることを簡単に説明させる。
どのように精密金型部品の品質を高めることについてまず必ず覚えることは、鋼材料は硬い。ですから、金型加工設備の安定性などを要求させること。複雑なキャビティと多機能の複合金型などを出で、精密金型部品の設計や加工レベルを高める必要である。
加工精度も、加工誤差も加工部品品質を判断する専門用語だ。加工精度は誤差等級によって判断し、例えば、等級値は小さい場合精度は高い。そして、加工誤差は数値にして出す。若し数値は大きい、部品の誤差は酷いと言うこと。もちろん、どんな加工方法で生産した部品の実際数値が完全正確じゃない。部品の役割と見って、加工誤差は部品の要求誤差範囲を超えないさえすれば、加工精度を保証べき。
精密金型部品の品質は加工精度と表面品質を含む。加工精度は精密金型部品製造した製品表面のサイズ、形状、位置などは設計図の要求と一致しないのかを判断する方法だ。実際生産した部品の各数値と設計図要求の数値の偏差値は加工誤差と呼ばれている。
高品質精密金型部品を生産するために、東莞宜澤金型有限公司は日本先進な技術を採用し、優秀な技術員を招く。お客様に最も良いサービス及び高精度金型部品を提供させる。

bokeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4379.html転载を说明してください