読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのように精密プラスチック金型部品の品質を判断する

今日はどのように精密プラスチック部品の品質を判断することを簡単に説明させる。精密プラスチック金型部品製作メーカは高品質の製品を生産して金型使用時間を保証為に、部品の品質、金型結構、成形方法などに厳しい要求を提出させる。このようにして市場の需要を満たすようにする。それぞれの品質標準基準によって精密プラスチック金型部品の品質を判断する。下記はそのうちの部分:
成形した製品の外観とサイズについて
1.製品の表面がショートショット、焦げ、泡立て、皺など不良を残るのはだめ。
2.ウエルドに関して、一般円形の穿孔ウエルドの長さは5MM内を控える。それにほかの形の穿孔ウエルドの長さ15MM内を控えして、ウエルドの強さが功能テストをパスし保証する。
3.収縮性について、製品外観ピケはだめ。
4.変形允可の要求は、一般小さい製品に対して段差は0.3mm内を控える。組み立て必要である部品はデザイン要求と合わせること。
5.製品の幾何形状、サイズの大きさと精度は正式の設計図の要求と一致する。
6.一般製品の肉厚は均一にして、公差は金型によって0.1mmを超えない。

どのように精密プラスチック金型部品の品質を判断するについて今日はここまで説明して興味あったら、後続の文章お待ちください。ところて弊社公式サイトへ行く、あそこは高品質精密プラスチック金型部品、精密ワイヤーカット放電加工部品などを販売している。

bokeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4382.html転载を说明してください