読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超精密金型・金型部品の製作加工の発展

数年以来機械製造業は超精密金型・金型部品の製作加工に向かって急激に発展している。将来、中国で超精密金型・金型部品の製作加工は市場競争する際に勝利を取るかぎになる。現在の製造業が加工精度を高めることを目指す。このようにする原因は何?最も重要なのは製品の品質、性能などを高めてしたい。それに製品品質の安定性を確保し、製品の小型化を促す。

製造業は急速に発展することに伴って、今精密金型・金型部品の製作加工精度はミクロンを達成している。今後の精密金型・金型部品の製作加工は1μm、0.01μm、0.001μmを達成する。しかも超精密加工は原子級加工精度を実現と考える。加工精度の向上をつれて科学技術に発展条件を提供し、それに機械冷加工によい物質の基礎を提供する。精密金型・金型部品の製作加工際に経験を積みんてから操作技術を高めて、そして製造工芸を高める。このように精密金型・金型部品の製作加工は正のループを持つ。

 

 

bokeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4389.html転载を说明してください