読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速精密プレス金型部品の製作技術分析

高速精密プレス金型部品の製作技術は機械、電子、材料、光学、コンピューター、精密測定、情報ネットワークなどに触れしている多学科のシステム工学だ。先進な多段、多功能プラス金型は精密多段級進金型、精密多段型プレスリレー金型、精密多功能プラス金型である。

高速精密プラス金型部品の製造技術の特点と応用分野

高速精密プラス金型部品の製造技術は現代にプラス加工での先進な製造技術、高速精密圧着機技術、高品質製品材料技術、NC制御システムなどを総合している。先進な製造技術を採用して高品質精密金型部品を生産する。これらの技術は省エネ、省力、コストを削減、安全を確保する良い方面である。だから、高速精密プラス金型部品の製造技術は各工業生産部門に重視して応用する。

高速精密プラス金型部品の製造技術は高速圧着機設備、精密プラス金型、最良のコイル材を作って板材に基づいて部品を加工する。東莞宜澤金型有限公司は中国で先進な高速精密プレス金型部品の製作メーカーの一つだ。ずっと高品質精密金型部品を生産すると目指してお客様の注文のよって世界ブランド標準で製造、加工、検査できる。

 

bokeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4390.html転载を说明してください