読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密プラスチック金型加工メーカーの倣い加工

東莞は中国精密金型の生産基地として、ここの精密プラスチック金型加工メーカー生産した金型製品は金型分野で最良の品質を持っていると言う。もちろん、今精密プラスチック金型製作メーカーの貿易競争はだんだん激しいになる。しかし、全世界の金型ユーザーに一番良い精密プラスチック金型製品を提供するために、東莞市は精密プラスチック金型加工メーカーを重視している。これから精密プラスチック金型加工メーカーの倣い加工について簡単に説明させる。

精密プラスチック金型加工メーカーの倣い加工はあらかじめつくるモデリングによって、加工する場合圧力を利用して。そしてフィーラーはモデリングをしっかりしてから表面に沿って移動してカッタ—は倣い加工と一致を確保する。倣い加工はそれぞれの金型加工方法の中で重要なのだ、特に精密プラスチック金型キャビティの切削加工。

現代工業の製品が美しく、小型などの方向に発展するのに従って、工業製品表面の形状要求も高めている。20世紀50年代、CNCレースはまだ普及させていないで、飛行機、蒸気タービンなどのは入って問題に解決しにくい。でも、倣い加工は複雑な工程を削除してほかの方法を採用し、この問題を解決する。精密プラスチック金型加工メーカーの倣い加工方法は今までずっと使用している。


riyushier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4392.html転载を说明してください