読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国精密金型部品加工工場が存在している問題

中国精密金型部品加工工場は外国の先進技術と比べてまた沢山不足である。主な問題は下記通り:

1、中国精密金型部品加工工場の発展のバランスがとれていない、それに生産レベルがよくない。ある工場生産している部品の品質は国際的水準に達するが、全体からと、金型部品の精度、生産周期、金型使用時間などと見れば、また不足だ。

2、旧式になった生産整備、生産歩調が合わないので、悪い結果が生まれた。近年、部分中国精密金型部品加工工場は技術レベルを高めるためにずっと頑張っている。おかげさまで、現在部分工場の技術は外国。しかし、またある工場は旧式になった生産整備を使用していり、すぐに不足の点を改善できない。

3、中国精密金型部品加工工場の中に多く工場の開発能力が弱い、それに革新能力が不足。このような状態にある原因は、一方では技術人員は能力欠け、他方では研究開発の投入が少ないと思う。これからはもっと革新と開発を注意させて、これは一番重要なこと。精密金型部品工場は製品の品質を大切にしではなく、イノベーションも注意してください。

 

riyushier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4400.html転载を说明してください