読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密金型部品工場製造の発展

金型は精密金型部品工場製造の基礎技術装備だ。それに、金型はハイテク産業の重要な領域で、加工技術レベルの高低は国家の製造レベルを評価する重要な標識になる。国民の経済規模と工業の製品技術の発展に従って、各業界は金型の需要量に対してだんだん大きくなって、技術はだんだん高くなりを求めて。現在我が国の精密金型部品工場製造工業の発展のペースがますます加速して、主なに下記の面に表れている:

1.自動車パネル

2.精密プレス金型部品

3.精密パラスチック型

4.金型標準件

5.ほかの高技術型

我が国の鋳型は現在年生産総量は世界での三番目になり、その中、精密プレス金型部品は総量の40%以上を占める。しかし金型設計、製造のレベルはドイツ、アメリカ、日本のなど先進国とまたとても大きいギャップが存在する。自動車パネルを代表に見ると、部品設計、製造は大変難しいではなく、品質と精度に対して高い要求である。今のところで我が国の製造品質、精度、周期、コストなど方面は国外にとても及ばないだ。ですから、多階段金型と多機能の金型を入り、そして精密金型部品工場製造を重点的に発展させること。


riyushier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4409.html転载を说明してください