読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超硬合金放電パンチ加工について

超硬合金放電パンチ加工することは通常に「パンチ加工」と呼ばれる。放電パンチ加工は均一な配合隙間をできるので、超硬合金放電パンチ加工技術は冲裁金型加工、粉末冶金金型加工、針金の金型加工、ネジ加工などに応用する。放電パンチ加工についてほかの長所は精密金型部品工場製造技術、部品品質を高めて、それに金型の使用時間を延長できる。

放電パンチ加工方法は下記通り:

1.直接加工

直接加工はダイ加工に適用できる。これは、パンチの長さを適切に増加して、先に電極としてダイを加工、それから端部損失の部分を直接にパンチにすること。

2.混合加工

混合加工はパンチの選択する部分とダイ異なる材料でパンチに接着してから加工して、電極穿孔の一部として。

3.補修パンチ

パンチと工具電極をそれぞれ製造して、パンチに一定の補修量を殘して、超硬合金放電パンチ加工した凹模型穴でパンチ補修に達し、要求する合わせて隙間を達すること。

4.二次電極法

一度電極を利用して二次電極を製造して、それぞれ一回目と二次加工電極でダイとパンチを加工すること。そして金型の配合隙間を必ず保証する。


bokeyiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4414.html転载を说明してください