読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密プラスチック金型部品の発展傾向

精密プラスチック金型部品の発展傾向に対して、多くの金型業界同業ものが全て知っていると考えて、国家のそれぞれの業界の発展につれて、今に金型業界の発展は確かに急速に発展していることです。しかし精密プラスチック金型部品が全て売ることわけではない、多くの精密プラスチック金型部品メーカーは品質的に関門を突破しなくて、お客様の返品などの悪い情況を引き起こして。だから業界に従いたいと思って発展して、自身の各項目性能を高めて、完全にお客様を保証して度を気に入ります。

精密プラスチック金型部品の発展傾向を研究して、自動車、装備製造業、生活家電の高成長につれて、1997年から始めて、中国国内精密プラスチック金型部品市場の需要は著しく増加し始めます。たとえ2006年の中国精密プラスチック金型部品工業生産総額までもう516億元に達しても、売れ筋に属します。精密プラスチック金型部品、精密コネクター金型部品など約総量の80%は、中国に進出した少量精密プラスチック金型部品を生産して外資企業の各種精密金型部品は現在も供給不足です。精密金型部品は新興産、日当たり、高収入の業界です。これは精密プラスチック金型部品の発展傾向です。

bokeyiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4344.html転载を说明してください