読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国精密金型部品製造の精度要求

金型は生産工程の必要な工具ので、製品の品質によって精密金型部品製造の精度は大切だ。それに、現在精密金型部品製造の精度について基本的な要件は、金型の十分な寿命期限内で、高品質の製品を生産すること。

精密金型部品製造の精度は製品のサイズ及び表面の品質によって判断する。加工する前部品のサイズはデザインサイズに基準にとして加工し、完成品成形後のサイズの収縮と金型成形表面べき十分の摩耗量などの要因によって分析して経験式で計算だ。普通の金型サイズ対して、その製造公差は部品寸法公差の1 / 3~1 / 4を超えない。打抜き型は上記の要求を満たすべきほか、加工する際にサイズの製造公差は凹凸型初期の隙間に影響し、金型成型表面の品質は部品の表面の品質によって判断すること。

金型の動定ガイド精度、胚料は打抜型の測位精度部品の品質にも大きな影響を与え、これも金型精度を量る重要な指標。また、精密金型部品製造の精度を保証するために、部品関連の表面の平面度、直線度、円筒度等形状精度と平行度、直角度、同軸度などの位置誤差を注意すること。

bokeeryue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4364.html転载を说明してください