読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超精密製作金型部品精密加工際に金型設計必ず注意する点について

精密製作金型部品精密加工際に金型設注計必ず意する点をよく理解して回路悪く、冷却不良など問題は成型不良になることを避ける。高品質製品を生産するために、小さい点を注意しなければならない。下記通り超精密製作金型部品精密加工際に金型設計必ず注意する点について説明し:

1.肉厚はできるだけ均一になること。それに、抜き勾配の大きさは十分である。

2.過渡するときはスムーズにしてエッジ及びシャープエッジをさけること。特にPC製品、欠けは駄目だ。このようにして超精密製作金型部品精密加工製品の品質を保証すること。

3.ゲート部分のランナーはできるだけ広く、それに収縮冷却工程によってゲートの位置を設定する。必要場合冷却剤を入れる。

4.金型表面はスムーズを確保し、粗度は0.8を超えない。

5.エアベントはエアをすぐに排出しなければ。

最後に超精密製作金型部品精密加工際に金型設計必ず注意する点は、PETを除いて肉厚は1mmの標準足りないことはだめ。


bokesanyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4369.html転载を说明してください