読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラスチック用金型及び金型部品の製造について

プラスチック用金型及び金型部品がだんだん必要になっているので、プラスチック用金型及び金型部品の製造メーカーに広い市場をくれる。金型関するレポートによると、金型市場は大体に良い方向に発展する。将来、プラスチック用金型及び金型部品の製造メーカーはほかの金型部品製造めーかーよりもっと良い発展していり、主に全世界のプラスチック金型用材料を開発するスピードが速いと表れている。プラスチック用金型部品が非常な速さで発展に伴って、生産工程に対して要求がますます高くになる。現在鋼がプレスチック金型材料の中心としている。

プラスチック用金型及び金型部品の製造プロセスでプラスチック金型は射出成形機と組み合わせて高精度プラスチック部品を生産すること。これはプラスチック金型の役割だ。プレスチック材料及び加工方法がおおすぎ、射出成形機と精密プラスチックス金型部品の結構は異なるである。だから、プラスチック金型の種類及び結構は沢山である。

成形方法によって射出成形金型、押出成形金型、プロー成形金型などを区分する。その中の二つは下記通り:

1.射出成形金型

射出成形金型は熱可塑性プラスチック部品を生産する場合で使用している普通な成形金型だ。射出成形金型で生産した部品が必要になる。日用品だけではない、さらに複雑な機器、電気、交通機関部品などは射出成形金型で生産した。

2.押出成形金型

押出成形金型は圧縮成型とダイカスト成型を含む。これらは熱硬化性プラスチック部品を成形する金型。

bokesanyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4377.html転载を说明してください