読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密金型部品加工について今後の発展方向

精密金型部品加工工程が他の工業製品の生産工程と同じ、全部が原材料を加工して製品をつくる工程だ。全ての製品の形成は多く企業が協同労働の成果。

 

金型が色々な種類あり、金型の種類によって生産工程を区別している、しかし、同じ金型類として生産工程の共通の特徴を持つ。ですから、精密金型部品加工工程が下記の5つ階段に分ける:生産技術の準備、材料の準備、金型ゼロ、コンポーネントの加工、組立テストと試用鑑定。

 

精密金型部品加工工程は大切だ。金型生産技術水準の高低は、製造業のレベルゲージの高低を判断する重要な標識。金型で生産した製品の生産額は金型自身の生産額の上に百倍。金型部品生産で表現した高精度、高複雑さは、高一貫性、高い生産性と低消费は、他の加工方法と比較にならない。だから、精密金型部品加工今後の発展には無限の潜在エネルギがある。

bokewuyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4407.html転载を说明してください