読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密金型・金型部品の製作要求に関する

1.精密金型部品は長い使用時間である。精密金型・金型部品の製作要求について使用する角度から、精密金型部品使用時間が長くなるほどよい。これは金型設計製造者にとっては総合的な指標で、金型の新しい材料を開発しではない、精密金型・金型部品の製作にも新しい要求をもたらし、加工精度が高くなっている。

2.生産周期が短い。新しい製品の更新スピードが速いし、市場競争がますます激しくになるので、ユーザーはますます金型部品の生産周期を短くなることを要求している。精密金型部品の生産管理、設計と技術の仕事はすべて精密金型・金型部品の製作要求と合わせるべきだ。金型の現代設計、製造と標準化レベルが製造周期を短縮する方法だ。

3.コストが低い。精密金型部品のコストは金型構造の複雑度、金型材料、製造精度等の要求及び加工方法をと関わりである。生産メーカーは必ず精密金型・金型部品の製作要求によって製品を合理化に設計、加工して、コストを控える。

bokeliuyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4421.html転载を说明してください