読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内精密プレス金型部品の製作精度が上がる

精密プレス金型部品の製作精度が上がる.10年前、精密プレス金型パーツの精度は普通5μmと、今では2 ~ 3μmと、やがて1μmの精密プレス金型パーツを発売する予定だ。精密プレス金型パーツ産業は日増しに大型化する。これは精密プレス金型パーツ成型部品まんじゅうの大型化と高い生産性の要求によって発展してまったく多弁によって生じたものだ。精密プレス金型パーツ業界多目的複合の精密プレス金型パーツはさらに発展している。新型多目的複合の精密プレス金型パーツはスタンピング成型部品のほか、せきつい叠压や、かしめやロッキングなどの组み立ての任務と鉄鋼材の性能の要求が高まりつつある。精密プレス金型部品の製作精度が上がる。

bokeqiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4435.html転载を说明してください