読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密プレス金型部品の製作材料の耐蝕性について

精密プレス金型部品の製作材料の耐蝕性.少し精密プレス金型部品如プラスチック模が勤めていた時、プラスチックでだけ存在塩素やフッ素などの元素で加熱された後、hf分解を妨げhciなど強浸食性气体、浸食具有キャビティの表面に高まっているというのが表向きの粗糙度に追い込み、磨耗効力を失うことになる。精密プレス金型部品の製作材料の耐磨性:泊めるの精密プレス金型部品キャビティで塑性トランスジェンダーの時、国道キャビティ表面は流れが滑って、キャビティの表面にゆだねると泊めるの間の摩擦になり、そのために精密プレス金型部品が擦れて効力を失うことになる。材料の耐磨性からは精密プレス金型部品の最も基本的な、もっとも重要なパフォーマンスの一つだ。耐磨性硬度は影响する主な要因だ。精密プレス金型部品の製作材料の耐蝕性.一般人の場合、精密プレス金型部品の固さが高いほど、磨耗量が小さいほど、耐磨性も良くなる。一方、耐磨性はまた、資料で碳化物の種類や数、形や大きさや分布が関係している。

yizeshiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4486.html転载を说明してください