読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密ワイヤーカット放電加工部品の精度問題について

ワイヤーカットは放電際に高い温度を利用して材料を加工し、放電する時温度は5000℃以上に達する。だから、非常に硬い材料カッドを行って、それに精密ワイヤーカット放電加工部品はこの方法による加工すること。今回、精密ワイヤーカット放電加工部品の精度問題になる原因を研究すること。精密ワイヤーカット放電加工部品の不良原因は、長い加工時間をかかって温度は上昇したので、ワイヤーカット加工の精度は悪く、誤差になること。分析してから、温度計で加工する前および加工した温度を測定し、温度変化によって部品精度の変化値を記録してデータを作成すること。このようにする精密ワイヤーカット放電加工部品の精度問題をよく研究し、精密ワイヤーカット放電加工部品精度不良をさける。

放電加工技術は非伝統的な加工の中で金型加工者最普遍利用する加工方法。金型加工業の中に製品の大きさと形は金型部品の厚さを影響する。ですから、常に厚く、大きい板を加工することは必要。しかし、もし部品の厚さは増大する同時に水洗清潔の困難度も増えて、それも機器は悪化しているケースも増える。一方、精度の要求上に、金型加工後サイド部分の問題は精密カット放電部品の精度及び寿命を影響する。

 

bokeshiyue11

文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4363.html転载を说明してください