読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密プレス金型標準を制定する意味

精密プレス金型標準はプレス設計及び製造工程中必ず守る技術基準だ。精密プレス金型標準を制定する意味が下記通り:

1.金型部品の設計及び製造周期を短縮できる

 金型結構、製造精度はプレス金型部品の形状、サイズ精度と関わりであるので、プレス部品の種類が多く、それに製品の結構が複雑だ。例えば、高精密プレス金型部品は何百個とあるかもしれなく、金型部品製造は長い時間をかかりなる。しかし、精密プレス金型標準を制定してから全ての部品を外注し、このようにして金型設計、部品製造の時間を短縮できる。

2.品質を保証すると有利

 金型設計の品質を保証し、それに製造中必ず守る品質基準によって作業する。それによって高精密プレス金型部品の品質を保証すること。

3.コンピューター協力設計、製造と有利

 金型技術標準は金型コンピューター協力設計、製造を実現する基本だ。このように言うと、若し金型標準化がない、金型コンピューター協力設計、製造もない。

 

bokeshiyue11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/84/news/4374.html転载を说明してください